扁桃炎は風邪に似たような症状が出ることが特徴ですが、風邪とは全く異なるウィルスによっておこる病気です。
風邪に似た症状とは、発熱、リンパやのどの痛み、関節痛などがあります。
ウィルスや細菌が体内に入った時、免疫細胞の多い扁桃がその防御機能を果たすのが特徴です。

扁桃炎には治療が必要ですが、扁桃炎を患っている間、日常生活を送る上でのどの痛みを感じることが非常に多いため、喉の痛みや不快感を少しでも和らげるためにはのど飴を舐めることが推奨されています。
医療機関を受診して適切な治療をするのはもちろん重要ですが、QOLを上げるためにはできる限り喉のコンディションを良くしておくことがおすすめです。

のど飴と言っても、様々な物が販売されていますが龍角散ののど飴のシリーズには、はちみつや生姜が配合されたものがありますしハーブも配合されていますので喉の殺菌作用や抗炎症作用が期待できますし、美味しいので舐めやすいのもメリットと言えます。
扁桃炎に直接のど飴が効くというよりは、治療を受けたり安静にしていても喉の不快感や違和感があるという時には、のど飴を舐めることでその不快感が緩和されたり殺菌作用や抗炎症作用が発揮されます。
飴なのでお菓子のような感覚で舐めやすいため、移動中などに喉のコンディションを整えたい時などにも最適です。
扁桃炎は、風邪のような症状が出るためのどの痛みや違和感を覚えることが多くなりますが、龍角散ののど飴にはハーブが配合されていますので天然成分が優しく喉の状態を癒してくれます。
龍角散ののど飴にははちみつやしょうがが配合されていますが、これらは殺菌作用や抗炎症作用がありますので扁桃炎の症状がある時でも痛みや不快感を和らげるのに役立つのがメリットです。
薬ではなくお菓子のような感覚で舐められるので、副作用などの心配もありませんし一日に何個でも舐めることが出来るため喉がイガイガしたり炎症がつらいという時に心強い味方となります。

はちみつやしょうがが配合されたのど飴でリフレッシュ効果も

はちみつやしょうがには抗炎症作用や殺菌作用があるため、風邪をひいた時などにも喉の調子を整えるために、はちみつとしょうがで作った飲み物を飲んだり、のど飴を舐めることで効果の期待ができます。
両方とも薬ではなく食品ですので、副作用などの心配はありませんが、はちみつは赤ちゃんに与えることはできませんのでその点は注意しましょう。
はちみつには優れた栄養が配合されていますし、抗菌や抗炎症作用が期待できますのでウィルスや菌による体調不良に良いといわれています。
薬ではなく食品ですので、穏やかな作用ではありますが薬のような副作用が無いため安心して接種することが可能です。

先述したように、はちみつを赤ちゃんに与えることができない理由としては、はちみつに含まれている菌が赤ちゃんに良くない影響を与えるためです。
1歳を過ぎていれば問題なく与えることができるとされていますので、月齢に合わせてあげるようにするのがおすすめと言えます。

しょうがにもはちみつにも優れた殺菌作用がありますので、ウィルスや菌が原因となる病気の時には治療と並行して接種するのがおすすめです。
民間療法のようにも言われていますが、摂取して喉の調子が良くなるという人が多いですし実際にはちみつやしょうがが配合されたのど飴を愛用している人は少なくありません。

喉の調子が良くなる成分ですので、舐めやすいのど飴という形で摂取できるのが忙しい現代人にとっても最適と言えます。
はちみつやしょうがは身体に優しい成分ですので、体を温めたり腸内環境を整えて身体の調子を良くしてくれるのもメリットです。
ハーブが配合されているタイプなら、リフレッシュ効果も期待できますので喉が弱い方には最適なアイテムと言えます。