扁桃腺がはれていたみを覚えたり腫れたりすることは、誰でも一度は経験するものでしょう。
慢性的に炎症を抱えている場合も多く、疲労が蓄積したり抵抗力が落ちたりすると繰り返し炎症を繰り返すことも珍しくありません。
炎症程度なら気道の閉塞まで至るほど重症化することが無い限り、さほど心配することはありませんが、単に扁桃腺が炎症で腫れているわけではなく腫瘍などのデキモノが原因が隠れていることがあります。
中でも無制限に増殖を繰り返し周囲の組織を破壊しながら、成長を続ける悪性腫瘍の場合は放置すると生命を失うことになります。

扁桃腺などが分布する喉のおくから食道と気管まで分岐するあたりの部分を、「咽頭」と呼びますがこの部分に出来る悪性腫瘍の代表格が「咽頭がん」になります。
喉の奥では鼻から伸びる上気道とつながっており、空気や食料の通り道にもなっており、それぞれの部位に応じて名称も違います。

喉の奥と鼻からの気道の突き当りに相当する部分が「上咽頭」、その下の口をあけると肉眼で確認できる扁桃腺などが所在している部分を「中咽頭」、さらにその下の食道や喉頭などの分岐点に至るまでの部分を「下咽頭」と呼ばれています。
がんと耳にすると胃や肺などの臓器に出来るイメージがありますが、粘膜からは体中床からでも悪性腫瘍は発生すり可能性があります。
口腔内部に入れば、それ以降は肛門にいたるまで粘膜が存在するので咽頭からでもがんが発生する可能性は誰にもであるわけです。

咽頭がんの症状は発生部位によって異なってきます。
上咽頭に出来た場合には鼻ずまりや鼻血・耳管にも近いので難聴や耳が詰まったような症状が出ます。
中咽頭にがんが出来ると口をあけると腫れていたり、嚥下時の違和感や沁みるような感覚などから進行するい伴っていたみなども出現してきます。
そして下咽頭がんでは嚥下時の違和感や飲みにくい感覚など食道がんににた症状を訴えることがよく見られます。

咽頭がんの治療はステージに応じて異なる

咽頭がんの原因が明確に特定されたものはありませんが、中咽頭や下咽頭にできるがんは喫煙や飲酒による慢性的な刺激が要因になるとされており、上咽頭がんでは一部のウイルス感染が誘発すると見られています。
咽頭がんの疑いには先ほど御紹介したような自覚症状の他にも、顔や首周り、脇の下などのリンパ節で腫れを探知する等も、咽頭がんの疑いを持つべき症状の一つです。

咽頭がんの疑いが見られるときは検査で確定診断する必要があります。
視診や病変部から組織の一部を採取して顕微鏡下でがん細胞を検索する病理検査で行われます。
組織学的にがんとの確定診断がくだされば、リンパ節や肺・骨などへの転移の有無を確認するためにCTやMRI・骨シンチグラム検査などが追加されることで、病気の進行具合(ステージ)を確定し治療の方針を立てることになる訳です。

咽頭がんの治療は発生した部位や年齢・ステージや転移の状況などを踏まえて確定されることになります。
治療の基本は手術でがん細胞を確実に取り除くことです。
周辺のリンパ節に転移が見られるときは周辺のリンパ節なども同時に摘出することになります。
しかし咽頭が食事や発声・呼吸など人間の基本的生理機能に密接に関連する部分であるだけに、手術によってこれらの機能が著しく障害を受ける可能性があり、生活の質を著しく低下させる可能性があります。

幸いなことに咽頭がんは病理学的に「扁平上皮がん」とよばれるタイプが多く、放射線治療によく反応するので第一選択に手術ではなく、放射線治療が選択される場合もあります。
肺や骨などの遠隔転移が見られるときは各種の抗がん剤も駆使した集学的治療が実施されます。