夏に良く聞くことの多いアデノウイルスは、実は1種類ではなく51種類ものタイプが存在しています。
潜伏期間は約1週間で主に飛沫物や便、目やにから感染していきます。
アデノウイルスは口や鼻の粘膜につきやすいのですが、喉の場合は発症後1週間から2週間、便の場合は約1か月間もウイルスが排出されている特徴があります。

51種類ものタイプがあるアデノウイルスであるので、症状の出方も様ざまではありますが、多くの人が感染する咽頭結膜熱はプール熱とも呼ばれています。
咽頭結膜熱は扁桃部分に白い膿のようなものが付着し激しい扁桃炎や咽頭痛、高熱が出て食欲が落ちてしまう他、頭痛や腹痛、下痢を伴うといったまるでインフルエンザのような症状が現れてきます。
熱に至っては、約5日間、39度から40度といった高熱が出てしまうので、体力を消耗してしまう危険性があるのです。
そして感染力も強いので、夏のインフルエンザとも呼ばれるほどです。
プール熱、という呼び名があるものの、プール以外の場所でアデノウイルスに感染することも多く、簡単に感染していくことから学校保健安全法では登校禁止期間が設けられています。

アデノウイルスは扁桃炎を引き起こす他に、重症の肺炎やはやり目と呼ばれる流行性角結膜炎、出血性膀胱炎や胃腸炎、嘔吐下痢症といったものも引き起こします。
はやり目と呼ばれる流行性角結膜炎は、通常のウイルス性の結膜炎よりも炎症の度合いがひどく、目やにはもちろんのこと、腫れや充血、目の痛みといったものが現れてきます。
さらにひどくなると角膜が混濁し視力の障害が出てしまう可能性もあり、注意深く様子を見なくてはなりません。
流行性角結膜炎も咽頭結膜熱のように学校保健安全法によって感染の恐れがなくなるまで登校は禁止となっています。

免疫力があまりない乳幼児がかかりやすく、重症化しやすい傾向にあるのも特徴となっているので、流行期には注意が必要となってきます。

アデノウイルスに感染しないためには

アデノウイルスは感染力が高いウイルスの一つで、ウイルス性のため抗生剤は必ずしも効くとは限らず、むしろ効かないものです。
熱が出るとすぐに抗生剤を使用したくなりますが、抗生剤はあくまで細菌感染症に効くものであり、アデノウイルスには効かないのが殆どです。
治療は対症療法しかありませんので、脱水症状を起こさないように適宜水分補給をし、扁桃部分に膿が付着している時は最も痛い時期でもあるのでゼリーやプリン、豆腐といったスルっと飲み込めるものを中心に、少しずつゆっくりと食べるようにしましょう。
嘔吐している場合も無理に食べたり飲んだりするとさらに悪化してしまうこともあるので、唇を濡らしたり、ゆっくりと水分を与えたりするようにしてください。
安静を心がけしっかりと体を休めることがポイントとなってきます。

アデノウイルスに感染しないためには、まず手洗いやうがいが基本となります。
手洗い後消毒殺菌効果のあるアルコールを利用するとさらに良いです。
そしてアデノウイルスは熱に弱い性質があるので、消毒殺菌する際には熱湯を使用すると効果的です。
感染した人が身近にいる場合はタオルの共用はやめて、洗濯をする際は85度以上の熱湯で1分以上熱湯洗濯をしてみます。
時期によってはペーパータオルの使用を検討しても良いでしょう。
洗面用具もできるだけ感染している人が使用するものと分けるようにし、症状が軽くなった場合でもウイルスは排出しているのを忘れずに1か月ほどは共有をするのをやめます。
特に歯磨き粉は注意です。

まずしっかりと体力をつけて免疫力を向上させておくことが大切であるので、体を冷やさないようにし人混みは無理に行かないようにします。